FC2ブログ

もしも南部が市営路線も運行することになったら・・・。


まずはじめに、これは架空の話です。実際になったわけではありません。


今日から、数日間にかけて、もしも南部バスが市営バス路線も運行することになったらという自分なりの考えを投稿したいと思います。


まず今日は、会社・路線について、
 ・たぶん、市営バスが全部の路線を南部バスに移管すると思いますね。
 ・市営バスは、旭ヶ丘営業所、大杉平営業所の二つがあります。その営業所は、建物他も全て移すでしょうね。
 ・市営バス大杉平営業所と南部バス二ツ家八戸営業所が近くにあります。たぶん、大杉平営業所を大杉平案内所(又は二ツ家支所)となるでしょうね。


次に、バス停について、
 ・「大杉平営業所」と「八高前」は微妙な位置関係にあります。たぶん八高前を大杉平営業所に統合するでしょうたぶん。
 ・次に岬台団地。岬台団地もまた微妙なところにあるそうです。多分これも市営の方に統合されるでしょう。
 ・最後に、江陽・沼館地域について。まずピアドゥ付近。バス停は、そのままでしょうね。次に、ラピアバス停とラピアバスターミナル。多分、市営のバスターミナルの案内所消すかもしれませんね。最後に、江陽バスターミナルと舟見町。多分延長するかもしれません。んで、終点を、ここにするかもしれません。



次は、路線について投稿したいと思います。

是非ともクリックお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ

コメントの投稿

非公開コメント

謹賀新年

ぺいさんコメントありがとうございます。
そしてあけましておめでとうございます。
今年も八戸交通案内を宜しくお願いします。
ここのところ、2ヶ月近くコメント・トラックバックを放置していました。それでコメントが遅くなったことにお詫びいたします。

南部バスにもし移ったとなると、市営から移った2つの車庫が出てきます。旭ヶ丘車庫、大杉平車庫、大杉平車庫と二ツ家車庫は、バスで5分ぐらいの距離にあります。自分なりには、この車庫をうまく使うことで、バスなどの公共交通機関、車、そしてバスを乗る人たちが捌けると思います。
自分なりには、市営全路線を移管した際、舟見町方面は、もしかすると、土地代や税金などで廃止になるかもしれませんね。
んで、市営・十鉄のバスベイは恐らく、高速(シリウス号など)の送迎の停車スペースになるかもしれません。そして、今の南部バス乗り場を現存させる。
次に、市営・ラピアバスセンターはそのまま車庫として活用しおそらく、販売所はなくなる可能性があります。
1つ最後に思ったことは、以前、江陽バスプールを撮りに行った際、市営ラピアバスセンターから舟見町まで1つもバス停がないということでした。少しでも乗降数の上昇のために、新設してほしいものです。

意見として

うち的に

まず八戸営業所管轄に二ツ家車庫・旭ヶ丘車庫・大杉平車庫と分かれる気がする。

つぎに大杉平営業所と八高前では道路関係上八高前に統合されるのではと思う。

舟見町関連は近くに営業所がある十鉄に譲渡されるのではと思う。

江陽バスプールの敷地はラピアバスセンターに統合されると思う。

これが現実的ではないだろうか?
ブログ更新情報
相互リンクしている(主にバス関係の)ブログの更新情報を提供しています。
にほんブログ村

是非ともクリックお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ

カレンダー(月別)
│2020/09│
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
リンクについて

相互リンク及び相互でないリンクを貼り付けるなどの場合、以下のアドレスへメールを送ってください。

info●bus8nohe.main.jp

●をアットマークに変えて送信してください。


※相互リンクをしたい(又は既にリンク済)の方
下記のバナーをご利用ください。バナー利用はこの画像を保存し、各自サイトにアップロードをしてください。
※直リンクは禁止します。




Twitter
リンク(ブログ関係)
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
当サイトご覧の方へ

当サイトでは、閲覧者の利用環境について確認できるシステムを導入しております(以下「アクセス解析」)。
アクセス解析は、IPアドレス、ホスト、使用環境(解像度、ブラウザ、OSなど)を確認できるものとなっています。
ご覧の方には、その上ご理解くださいますようお願いいたします。
※IPアドレスやホストなどアクセス解析データで住所を特定できるといったことは一切ございませんのでご安心ください。